琥珀の魅力

琥珀の種類

琥珀には、数多くの種類があります。

定番のものから、とても珍しいものまで様々ですが、ここで全種類は紹介しきれないので、ナチュラルアンバーやグリーンアンバーなどの代表的な種類をいくつか紹介していきましょう。

それぞれに違った特徴を持っていて、上品で魅力的な琥珀ばかりですよ♪
みなさんは、どの琥珀を選びますか?

ナチュラルアンバー

ナチュラルアンバー

定番の琥珀といえば、ナチュラルアンバーではないでしょうか。
その温かみのある琥珀色は、コニャックカラーとも呼ばれています。

この琥珀の落ち着いた飽きのこない輝きと色は、時代を超えて多くの人々に愛され続けています。

このナチュラルアンバーは派手過ぎず地味過ぎず、どんな服にも比較的合わせやすいため、アクセサリーとしても人気があります。

ずっと眺めていたくなる不思議な魅力が、ナチュラルアンバーの人気の秘密かもしれませんね。

べっ甲飴のようにも見えるのは、私だけでしょうか(笑)。

グリーンアンバー

何となく緑がかった独特な色合いが特徴的な琥珀を、グリーンアンバーといいます。
見た目はオリーブのような明るい黄色をしています。

光の当たり方によって、色や輝きが微妙に変化することからとても高い人気があって、アクセサリーとしてだけではなく、大きなものであればインテリアとしても好評なんですよ。

内包物(昆虫など)が含まれていない琥珀の中で、わりと透明なグリーンアンバーの多くは、カリブ海に浮かぶ「ドミニカ共和国」で産出される珍しいものになります。

透明感あふれる緑色は、夏にお似合いの琥珀ですね♪

太陽の下で、キラキラと七色に輝くでしょう。

チェリーアンバー

チェリーアンバーは、高級感のある赤味を帯びた茶色が魅力の琥珀です♪
まさに、アメリカンチェリーのような色合いをしています。

角度によっては紫色っぽく見えることもあり、とても上品で落ち着いた雰囲気を持っていますね。

シックな装いだけでなく、カジュアルなファッションにも似合うため、若い人から年配の人まで幅広い人気を集めています。

さらに、このチェリーアンバーはほかの違う色の琥珀との相性もいいので、いろんなアクセサリー製品にも用いられています。

ほかのものと組み合わせると、また違った表情を見せてくれますよ。
個人的には、とくに秋の装いにおすすめです!

バルティックアンバー

バルティックアンバーは、その名のとおり「バルト海沿岸」で産出される乳白色の琥珀です。

日本ではちょっと珍しいかもしれませんが、熱処理をしないのがこの琥珀の特徴といえるでしょう。

ヨーロッパではとても好まれていて、真っ白な琥珀であればあるほど、時間の経過とともにベージュ色に変化していくんですよ。

アンティーク物としても大人気で、コレクターもいるほどです。

バルティックアンバーの白さの秘密は、「バルト海沿岸」の塩分が何万年もかかって蓄積されたためだと考えられています。

また、このような乳白色の琥珀は、ロイヤルアンバーとも言われています。

インセクトアンバー

インセクトアンバー

インセクトアンバーは、昆虫入りの琥珀を指します。

こういった琥珀は3000万年以上の時を経て、大昔の姿をそのまま伝えています。

とてもロマンチックだと思いませんか?
まさに、タイムカプセルといっても過言ではありません!

なかには学術的にも珍重されるものも多くあって、生物学の分野では古代の生物の貴重な資料として、琥珀に含まれる昆虫を研究しています。

昆虫入りの琥珀は、コレクターにも人気があって、一般にはなかなか出回らないものとされています。

アリやクモ、ハチ、かたつむりなどのさまざまな生き物を琥珀の中に見ることができます。
マニアにはたまらない琥珀でしょう。

        
  
     
TOPに戻る